メニュー

成人の風疹の抗体検査と予防接種

2012年から2013年にかけて、20代から40代を中心に風疹が再流行してしまいました。妊婦が風疹に罹ると赤ちゃんに難聴、心疾患、白内障や緑内障などの障害(先天性風疹症候群)が起こる可能性があります。
http://www3.nhk.or.jp/news/stopfushin/

風疹は、風疹ワクチンを子どものときとあわせて2回接種することで、感染するリスクを極めて少なくすることができますが、平成2年4月2日より前に生まれた方は、一般に、子どものときに1回しか接種されていないか、1回も接種されていません。過去のワクチン接種回数は、生まれた年や性別により異なります。母子手帳で確認できない場合は、次のURLを参考にしてください。

http://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXZZO5591000006062013000000&bf=0&dc=1&ng=DGXNASFK0601D_W3A600C1000000&z=20130623

専門家の間では今後の再流行も危惧されており、特に妊娠希望のカップルは、早めの風疹ワクチン接種歴の確認、風疹の抗体検査及び予防接種をお勧めします。

杉並区では風疹の抗体検査と予防接種費用の助成を行っていますので、次のURLをご覧ください。
http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/kenko/yobouseshu/1004811.html

受付・受診方法

成人の風疹予防接種は田村剛医師が担当しています。

田村剛医師の診察は、スマホ・パソコン等からオンラインで受付しています。

オンライン受付のURLはコチラ
 ⇒ http://junban.com/hashimoto/

注意事項など

風疹予防のワクチンには、MR(麻疹・風疹混合)ワクチンと風疹単独ワクチンがありますが、MRワクチンの接種をおすすめします。

MRワクチンは、妊娠している方および妊娠している可能性がある方は、接種することができません。また、接種後2ヶ月は避妊が必要です(女性のみ)。授乳中の女性に接種しても問題ありません。

わが国でよく行われる風疹の抗体検査にHI抗体価があり、「32倍以上」で「抗体あり」とされています。しかし、2013年に報告された先天性風疹症候群の赤ちゃんでは、母親の妊娠初期の検査で32倍や64倍であっても風疹に感染しており、完全な感染防御には従来考えられていた「32倍以上」よりも高いHI抗体価が必要であると考えられています。風疹を確実に予防する方法は、2回のワクチンの接種だけです。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/21/239/dj2395.html

また、子どものときに風疹に罹ったことがあると答えた人の多くは、勘違いなど実際には罹っておらず、抗体がないことも知られています。風疹の抗体がある状態で、重ねて予防接種を受けても問題ありません。

MRワクチンの注意事項及び予診票は、コチラ。

注意事項 予診票

予診票を記入されてから来院されるとスムーズです。

費用は、MRワクチン 8000円(税込)です。

母子手帳をお持ちの方は持参してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME